BLOG

花束レッスン

【生花】フローリスト養成コースNさんの場合(第1回レッスン)

こんにちは~
初めてでも不器用でも、綺麗可愛い 売れる様なアレンジが作れる
大阪梅田のフラワーアレンジメントスクール「花クラブ遊華」 主催の宮川です。

今回は、フローリスト養成コースから「初レッスン」のご紹介です。

フローリスト養成は「たった3回のコース」
たまに、「3回終わっても又3回とリピート」される方もいますが
3回で終わるケースが殆どかな~
何故なら、「3回で出来るようになるから」ですね。
リピートされる方は、「更にその上を目指す人」です。
更に「別の形も出来るように」とか「更に難しい花材でも出来るように」なんて言う感じ。。。

フローリストコースは、「これからお花屋さんで働く人」又は「花屋歴1年未満」という方が多いですね。
コースはたった「3回で終わります」

花材は、「持ち込み」か「教室で準備」のどちらでもOkですが、
彼女は「持ち込み」です。
これから働くという方以外は殆ど「持ち込み」が多いですね。
その方がお店で使用する花材や量で制作出来るので、お勧めです。
どんなお花を持参されるか、楽しみの1つでもあります。

【初回レッスンメニュー】
①バラ10本とカスミソウの花束→今回バラが短かった為持別花材での制作になりました。
②花材を足して3000円の花束
③3000円のアレンジメント
④時間があまれば別パターンのアレンジメント

花束レッスン

花束レッスン

1輪1輪がくっつかず、適度なスペースを空けて配置するのが基本
コツを掴めばすぐ出来る様になります◎

花束レッスン

寄席気味にしたコンパクトスタイル

花束レッスン

花束レッスン

花材を増やしたタイプ
組んではほどき、ほどいては組み…
と繰り返します。。。

 

アレンジメント

花束をほどいて、アレンジメントを制作します。
彼女のお店では、ほぼラウンドタイプに作るそうです。
キャンディーカラーの可愛らしいアレンジになりました★

 

今回の初回レッスンでは、「花束を重点的」に制作して貰いました。
「花の配置」と「順番」そして「括り方」を理解されたので、
スムーズに作れると共に、花束が「ぐらつかず、カッチリ」と組める様になりました。

綺麗に出来ると、思わずニッコリしちゃいますねっ(^^♪ by宮川

関連記事

  1. ラウンドブーケ
  2. クリスマスアレンジメント
  3. 成人式の記念撮影用に手作りの花束
  4. ミモザの壁掛け
  5. ピンク系アレンジメント
  6. ラウンドブーケ

archive

calendar

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP